『若い人の意見でも佐々町の活動にどんどん取り入れられる』レクラン・江頭夫妻

佐々町でブライダル衣装レンタルのL’ECRIN(レクラン)を経営している江頭ご夫妻。佐々町出身の奥さんのお母さんの貸衣装店を継いだのを機会に、ご夫妻で佐々町に移住した。旦那さんは町外の出身で、今ではイージーオーダースツーツの販売も手がけるなど、仕事を広げて活躍しています。

「最初は知り合いもいなかった。」

そこで旦那さんはまずは知り合いづくりのために飲み歩いたという。いろんな職種の人と仲良くなり、佐々町出身の奥さんよりも旦那さんの方が友達が多い。今では自分で仕事を始めたいという人からの相談窓口になっている。
商工会の青年部に入ってからはさらに知り合いの輪が広がった。お祭りや花火大会などを率先して盛り上げ、最近では恋活パーティーの主催もこなす。

「移住してわかる、佐々の良さ」

4人のお子様がいるという江頭夫婦。二人目からは佐々っ子。福岡は遊ぶ場所が色々あって楽しいけれど、子どもにとっては、友達を作るなら佐々町が良いのだそう。
「程よく田舎であり、人が集まり、住みやすいなど多くの佐々の魅力を語ってくれた。」
移住して一番良かったことは、若い人の意見でも町の活動に通りやすいことだという。元々この町の人ではない意見も他の人が賛同してくれれば通る。佐々を盛り上げていきたいと色々な人が色々な活動をしているので、それぞれがアイデアを持って話ができる。
程よく田舎で、すぐに飲みに行けて友達もできる。大きい会社もあるし、自分で起業することもできる。小さい町なので、ほとんどの人と話しているし、経営者とも繋がりやすい。
小さな町だけれど、人の繋がりで大きなチャンスがいっぱいの町。

~Rode de Mari’ee~ L’ECRIN(レクラン)
貸衣装・イージーオーダーメードスーツ
〒857-0311長崎県 北松浦郡 佐々町本田原免130−2
TEL:0956-76-9512