『私、認知症なの。でも、なんも困ったことなかよ。』

だってみんな助けてくれるんだもの

「私、認知症でも、なんも困ったことなかよ。っていう、おばあちゃんがいるの」
佐々町の在宅支援を推し進めてきたケアマネージャーの一人、大浦さんは大笑いする。

「認知症のおばあちゃんが言うの。私ね、オシッコすること忘れるから。おばあちゃん、そろそろトイレ行こうって周りの人が誘ってくれるの。オシッコで失敗したことなか。失敗しても覚えてないけどって」
がっはっは。
「このおばあちゃん、バリバリ認知症なのよ。」

「私ね、一人で家にも帰られないの。でも、おじいちゃんが迎えに来るし。バッグなんて、いつも忘れるけど、佐々だと必ず家に届くとよって。いつも包括ケアセンターで笑わせてくれるの。」
がっはっは。

「認知症の方も色々なんだけど、本人にもちゃんと、どう暮らしたいかって希望があって、家族だけじゃなく、周りの知り合いがみんなで少しだけ手伝いをすると、ずっと自分の家で暮らせたりするの。家族も周りの人も幸せな思いをするのよ。」

大浦さんは五島で生まれて佐世保で育った。
肉親が佐々で働いていて、佐々はとても過ごしやすいと聞かされていた。
人の世話を焼く姿をよく見せてくれていたお母さんの影響か、大浦さん自身、障害児と過ごすことが自然で、物心ついたときから、福祉の仕事をすると決めていた。重度の障害児のいる施設で働いたとき、休日に家族が迎えに来れない子は家に連れて帰る。そんなことも許された時代があったという。

「一日中、手を叩いていたり、奇声を発したりする子と一緒でしょ。最初は周りもびっくりしてたわ」

しかし、その子達と付き合っているとだんだん、嬉しそうなとき、ご機嫌のいいときが分かるようになる。ふと、お世話をしているというより、その子達に救われて生きていることに気づく。大浦さんは結婚して佐々に移り住んだとき、ケアマネージャーとしてやり直すことを決意する。勉強して資格をとり、社会福祉協議会で働くケアマネージャーとして、一時期は80件を超えるお年寄りのケア計画を作成し、管理していた。

劣等ケアマネージャー

「私は劣等生。劣等ケアマネージャーなの」と神妙な顔をして見せる。
ケアマネージャーのお給料はケアする人の数多ければ多いほど、事業所の負担を防ぐことになる。

「だって、介護される人が減ると、施設は儲からないでしょ。でも私、おばあちゃんが元気になって介護認定から外れたら大喜びしちゃうんですもの。こりゃ、事業所の経営者に申しわけないです」
社会福祉協議会で働いていた時代、大浦さんには苦い経験がある。
認知症になり始めたおばあちゃんを地元の人が見つけて知らせてくれた。その後、みんなで、おばあちゃんのためにと、病院に入る手配をした。

「私もね、買い物に行こうって、おばあちゃんに嘘までついて、病院に連れって行ったの。本人は家にいたいって言ってたのに。結局それが、認知症を一層悪くしたとおもうの」
と当時を思い出して今でも泣きそうになる。
「こんなことではいけないと思って、私は嘘をついてしまったと泣きながら話したらね、課長の江田さんは一緒に泣いてくれたの」。

 

 

家にいたい人は家にいてもらう

家にいたい人は家にいてもらう。そんな努力を地元の人たちと一緒にしよう。
大浦さんは決意した。
施設に入らなければケアできないケースはもちろんある。でも、人の手を借りながら、自分のできることをして暮らす。そうすると、認知症の進行が緩やかになったりする。
おばあちゃんの異変に気づくのは地域の力。それをもう一歩進めたい。地域の人たちが認知症のことを知って支援すれば、認知症の人でも自分らしく暮らせるのではないか。

「地域を信じましょう」
という江田さんとともに、32ある自治会の全てを周り、在宅支援の体制を組んでもらうことになる。

「私ね、あと一年働いたら引退しようと思ってるの。そして、夜9時で終わるバーをやるの。おじいちゃん達に楽しんでほしいから。お酒の量も、食事の栄養もちゃんと管理してね。男の人は、夕方やることがないと本当に寂しいのよ。だからね、夕方楽しくお話をして、夜はぐっすり寝てもらうの。デイケアの時間を広げて夜お風呂に入った後に、一杯だけでもビールを飲ませて帰らせてあげたい」
大浦さんの夢は終わらない。